豆腐と長ねぎの味噌汁

豆腐と長ねぎの味噌汁

豆腐と長ねぎの味噌汁

長ねぎを使った味噌汁は、江戸時代から定着しています。
当時は、根深汁と呼ばれていて、馴染みのある庶民料理になっていたようです。
特に寒い時期には親しまれていたようです。
今でも、体の芯から温まる長ねぎ料理は味噌汁以外でも重宝されています。
豆腐は味噌に合います。その原料はどちらも大豆ですから、相性に疑問の余地もありません。
豆腐だけでもなく長ねぎだけでもない豆腐と長ねぎの味噌汁は見た目のコントラストも上々です。

材料(4人分)
豆腐:1丁、長ネギ:1本、味噌:大さじ3杯、だしの素:大さじ2杯、水:1リットル

作り方
1.豆腐を2cm立方くらいにします。
2.長ネギには柔かい青い部分と固い白い部分とがあります。
基本、白い部分を使いますが、好みで青い部分を入れてもかまいません。
切り方は、ぶつ切りか斜め切りです。
3.水を沸騰させ沸騰したら、出汁の素を入れます。
4.準備した具材を入れます。
5.すぐに火が通りますので2~3分で弱火にします。
6.味噌は味噌こしで溶きほぐしながら入れます。
味噌こしが無ければ、お玉の中で少しずつ溶かしながら入れていきます。
7.味を確かめながら味噌を追加し、味が決まったところで火を止めたら完成です。

Leave a Comment