味噌汁の味の決め手は出汁

味噌汁の味の決め手は出汁

味噌汁の味の決め手は出汁

出汁は作ろうと思えば、どうでも作れます。
その内、削り節と昆布のマッチングは最も評判の良い出汁と言われてます。

材料は以下のとおりです。
・削り節:15g
・昆布:10cm角1枚
・水:3~4カップ

作り方は以下のとおりです。
1.昆布の表面についている汚れを乾いたふきんなどで軽く落とします。
2.キッチンばさみで3~4カ所の切り込みを入れます。
3.水から入れてじっくり火にかけます。沸騰しそうになったら昆布を取り出します。
決して煮立たせてしまってはいけません。昆布くさくなってしまうからです。
4.しばらく置いておきます。時間があれば一晩くらい置きましょう。それだけ味が染み出ます。
5.次は削り節です。
昆布を取り出し、削り節を入れます。
削り節は浮きますので、軽く押さえて湯に浸します。
6.そのまま弱火で煮詰めます。その間、灰汁が出ますので灰汁取りシートをかけるかすくい取ります。
7.1~2分したら火を止めます。
8.削り節が自然に沈んできたら、キッチンペーパーなどでこし取ります。これで完成です。

※ 余談ですが、出汁を取った昆布や削り節は、佃煮にしたり炒め物の調味料にしたり等、その他再利用も出来る優れものです。

Leave a Comment